有料会員限定

「お粗末IPO」本当の問題は何か 消えぬ新興企業の不祥事

印刷
A
A
公開価格割れや初値天井の銘柄が目立ち始めている(撮影:今 祥雄)

特集「すごいベンチャー100 2016年版」の他の記事を読む

日本のベンチャー経営者にとってエグジット(出口戦略)の大きな手段となっているのが、IPO(株式新規公開)だ。その社数は2006年の188を直近のピークに、09年には19まで落ち込んだものの、昨年は98と回復基調にある。

IPO社数が持ち直すにつれて目立ち始めたのが、初値が公開価格を下回る「公開価格割れ」の銘柄や、初値をピークにしてその後の株価が低迷する、いわゆる「初値天井」と呼ばれる銘柄の増加だ。

こうした銘柄には、上場直後に業績予想を下方修正する会社や不祥事が発覚する企業も少なくない。最近では、14年12月に上場したスマートフォンゲーム会社のgumi(グミ)が、上場からわずか2カ月半で業績予想を赤字に下方修正、韓国子会社での横領も発覚し、大きな問題となった。今年に入ってからも、3月に上場した建売業者のフィットが5月11日に予定していた決算発表を延期し、大きく株価を下げた。

その背景について、最近新興市場に上場した企業の幹部は「ゲームなど浮き沈みの激しい業界は、結果として実績が予算を割り込む場合がある」と同情を示す。が、「主幹事として実績を上げて次の案件獲得につなげるため、無謀な条件設定で上場を勧めている証券会社もあるようだ」と耳打ちする市場関係者もいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2016年版
IPOが静かなるブーム
フィンテックを取り込め!
学生1人ではもう起業できない
まだまだある!
ベンチャー100社 [コミュニケーション]
ベンチャー100社 [暮らし]
ベンチャー100社 [健康]
ベンチャー100社 [教育]
ベンチャー100社 [メディア]
ベンチャー100社 [フィンテック]
消えぬ新興企業の不祥事
究極の一人起業家
シリコンバレーVC激白!
ベンチャー100社 [外資が狙う3社]
ベンチャー「兄貴分」のしくじり戦記
ベンチャー100社 [不動産]
ベンチャー100社 [農業・フード]
ベンチャー100社 [ヘルスケア]
ベンチャー100社 [シェアリング]
1000億円予算の光と影
LINE上場
創薬
ベンチャー100社 [AI・脳波]
ベンチャー100社 [ロボット]
ベンチャー100社 [VR・AR]
ベンチャー100社 [宇宙]
日本を立て直せ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内