有料会員限定

株主総会で言ったこと、言わなかったこと 電撃退任を読み解く(2)

印刷
A
A

6月22日、午前10時。株主総会の開会を宣言したソフトバンクグループの孫正義社長は、最初にこう語った。

「昨日の発表のとおり、副社長のニケシュ・アローラは本総会終結のときをもって代表取締役・取締役を退任することに伴い本総会も欠席となりますが、一言ごあいさつがございます」。そして、「ニケシュ」と舞台の上手(かみ て)に声をかけた。

上手から出てきたニケシュ氏は感謝の言葉をひととおり述べた後、「2年前に種まきの仕事を与えられた。ソフトバンクの経営幹部と何時間も話し合い、将来は事業会社と投資会社の集合体であるべきだという結論に至った。それを『ソフトバンク2.0』と呼ぶようになった」と2年前を淡々と振り返った。

ニケシュ氏の演説は合計でおよそ7分30秒。「スナップディール、クーパン、トコペディア……」と投資先の社名を一つひとつ挙げた後、「買うだけでは儲からない。売却が必要となる」と持論を展開し、「この6週間で180億ドルを生み出せたのは誇りに思う」と語気を強めた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内