有料会員限定

孫&ニケシュ 愛し合った二人の1年10カ月 電撃退任を読み解く(1)

印刷
A
A
2人の愛情がピークだった昨年11月。ただ、このときからほころびは見えていた(撮影:今井康一)

特集「ソフトバンク急展開」の他の記事を読む

孫正義社長の過去の発言を追っていくと、孫社長がニケシュ・アローラ前副社長への信頼をしだいに深め、互いに「相思相愛」の関係になった過程が見て取れる。二人は1年10カ月という短い間、確かに愛し合っていた。

ニケシュ氏がソフトバンクグループ(当時のソフトバンク)に入社したのは2014年9月。孫社長は当時、「成長を加速するために新たな経営陣を迎える。ニケシュは通信・インターネット両方を熟知した、世界でも貴重な経営者。今後の世界戦略を加速するための布陣としてたいへん心強い」と語っていた。

2カ月後の同11月には、マスコミの前にニケシュ氏が初めて登場した。ニケシュ氏は、「マサとは5年以上前に出会って以来、テクノロジーやインターネット・通信業界について、技術がどうなっていくのか、世界でどのように重要性が増していくのか、多くの時間語り合ってきた。マサのすばらしいところは10〜20年後を見据え、どういったことがどのように進行していくか、それらを基に現在何をすべきかを把握する力にある」と孫社長を持ち上げた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内