有料会員限定

ソフトバンク急展開 ニケシュ電撃退任の内幕

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

孫正義社長の後継社長となるはずだった、ニケシュ・アローラ副社長の退任が株主総会前日に発表された。孫社長は「あと5年、10年と続けたくなった。それまで待たせるのは申し訳ない」と述べたが、理由はそれだけではなさそうだ。

ニケシュ波乱の半年間 円満退社に複数の疑惑

株主総会前夜の6月21日午後7時59分。ソフトバンクグループ(以下ソフトバンク)は、孫正義社長が「後継者」と公言していたニケシュ・アローラ副社長(当時)が、任期満了で退任するという衝撃的なプレスリリースを発表した。

何が起きているのか。時計の針を戻してみよう。退任の62分前に発表されたのは、スーパーセル株の全売却だ。退任発表前日には、匿名株主の告発を受けて設置された特別調査委員会が、ニケシュ氏の疑惑に「シロ」判定を下している。6月初旬からは、アリババグループ・ホールディング株やガンホー・オンライン・エンターテイメント株など怒濤の売却が始まっていた。ニケシュ氏がソフトバンクに入社してから1年10カ月。中でもこの半年間で動きが加速していることがわかる(図表1)。

[図表1]

特集「ソフトバンク急展開」の他の記事を読む

きっかけは一つの書簡だった。今年1月下旬。東京・汐留にあるソフトバンク本社に送りつけられた11枚のA4用紙には、小さな英字がびっしり書いてあった。題名は「内部調査を要求する」。「この種の文書を送らなければ代表訴訟は始まらない」(株主訴訟に詳しい弁護士)ため、株主代表訴訟の準備書面であることが一目でわかる。実際、結びにはこう書いてある。「書簡の日付(1月20日)から60日以内に調査を開始しなければ、日米で法的措置に訴えるとともに、規制当局への情報提供などあらゆる手段を講じる」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内