有料会員限定

電撃提携への一部始終 [三菱自動車]本誌だけが知る全情報

印刷
A
A
燃費不正が発覚した三菱自。主力の軽の販売停止で販売店は閑古鳥が鳴く(撮影:今井康一)

特集「自動車 風雲急」の他の記事を読む

4月17日の日曜日、日産自動車の開発担当副社長、坂本秀行の携帯電話が鳴った。「不正が見つかった」。電話の相手は三菱自動車の開発担当副社長、中尾龍吾だった。

「まさか」と思ったのと同時に、坂本は昨年秋、三菱自の開発陣から聞こえたこんな皮肉を思い出し、苦笑した。「日産が次期型軽自動車の燃費目標を達成できないのは、日産に技術力がないからじゃないか」。

2011年から、三菱自は軽自動車の企画・開発を日産と合弁で行っている。三菱自が開発・生産した軽をそれぞれの販売網で売ってきたが、次期モデルから日産が開発を担当することになっていた。

日産の開発陣は、エンジン性能の改良などに尽力したが、一向に燃費目標を達成できない。そこで現行車の燃費を測定したところ、説明できないデータの乖離を発見する。「何がおかしいのか白黒つけよう」と、日産は15年12月にデータの乖離について合同調査を三菱自に申し入れた。調査の結果、不正なデータ操作が見つかったと三菱自首脳に最初に伝わったのが4月13日のことだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内