有料会員限定

新国立競技場の多難 船頭なき“大艦巨砲"

印刷
A
A

工事の進め方や維持費の捻出など、課題は山積。誰が尻をぬぐうのか。

旧競技場が取り壊された、新国立の建設予定地。計画が固まらず、更地の部分が大半だ(撮影:尾形文繁)

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる、新国立競技場。賛否両論が渦巻く中、予定どおり、12年11月のコンペで選ばれた、ザハ・ハディド氏のデザインに基づく設計で進められることが6月29日に決定した。

しかし、問題は山積みだ。完成予定の19年5月まで、このまますんなりと工事が進むとは考えられない。

まず2520億円という高額な建設費がネックとなる。コンペが行われた際の建設予算は1300億円。ところが、長い導入路を持つ巨大なザハ氏のデザインの建設費を日本スポーツ振興センター(JSC)が試算してみると、3000億円まで膨らんだ。そこでザハ氏のコンセプトを残し規模を縮小。14年5月には1625億円という見積もりが出たものの、建築を請け負うゼネコンから「その金額では工事を請け負えない」との意見が出され、最終的に今回の額で建築契約が交わされることになった(図表1)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内