東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

今、散歩がブームという。東京にも見どころのある散歩コースがたくさんある。「その背後には必ず科学的な深層が存在する」と考える科学作家とラジオディレクターが、新旧名所16カ所のエピソードをつづる。いわば東京の身近な風景からの科学入門。

たとえば、東京スカイツリーは、大地震でも倒れないか。最近、桜の花の色が白くなってきたのはなぜか(上野恩賜公園)。パワースポットといわれる神社の「パワーの源」とは(明治神宮)。湧き水はなぜおいしいか(国分寺・殿ヶ谷戸庭園)。不動様はなぜ五色か(目黒不動)。雨男・雨女の根拠は何か(高幡不動)などなど。

ちょっと知的で興味津々の東京探訪でもある。

祥伝社新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。