東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

今、散歩がブームという。東京にも見どころのある散歩コースがたくさんある。「その背後には必ず科学的な深層が存在する」と考える科学作家とラジオディレクターが、新旧名所16カ所のエピソードをつづる。いわば東京の身近な風景からの科学入門。

たとえば、東京スカイツリーは、大地震でも倒れないか。最近、桜の花の色が白くなってきたのはなぜか(上野恩賜公園)。パワースポットといわれる神社の「パワーの源」とは(明治神宮)。湧き水はなぜおいしいか(国分寺・殿ヶ谷戸庭園)。不動様はなぜ五色か(目黒不動)。雨男・雨女の根拠は何か(高幡不動)などなど。

ちょっと知的で興味津々の東京探訪でもある。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。