東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

東京科学散歩 竹内薫、中川達也著

今、散歩がブームという。東京にも見どころのある散歩コースがたくさんある。「その背後には必ず科学的な深層が存在する」と考える科学作家とラジオディレクターが、新旧名所16カ所のエピソードをつづる。いわば東京の身近な風景からの科学入門。

たとえば、東京スカイツリーは、大地震でも倒れないか。最近、桜の花の色が白くなってきたのはなぜか(上野恩賜公園)。パワースポットといわれる神社の「パワーの源」とは(明治神宮)。湧き水はなぜおいしいか(国分寺・殿ヶ谷戸庭園)。不動様はなぜ五色か(目黒不動)。雨男・雨女の根拠は何か(高幡不動)などなど。

ちょっと知的で興味津々の東京探訪でもある。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。