外国人投資家は「リベンジ」を狙っている

なぜ日経平均は、急騰後下がりにくいのか

いよいよ総選挙へ。選挙中に外国人投資家が仕掛けてくる、という可能性はあるのか(ロイター/アフロ)

「常在戦場」、巻き返し狙う外国人投資家

個人投資家は「休む」と言う選択肢があるが、ファンドの運用者にはない。売るか、買うかだ。もちろんヘッジの建玉があるので、100%の買いや100%の売りはないが、売りか買いかの判断が、生きるか死ぬかの結果につながる。

まさに「常在戦場」(いつも戦場にいるつもりで事に当たれ、の意味)だ。解散で議員にスポットライトが当たっているが、「常在戦場」は、何も衆議院議員の専売特許ではない。

手口を見ても、その凄さがわかる。東京証券取引所発表の投資主体者別売買動向を見ると、黒田バズーカ砲が発射された10月31日からの外国人投資家の現物・先物合計買い越し額は、3週間で4兆2683億円に及ぶ。

その前の4週間で2兆6771億円の売り越しだったことを考えると、超ド級の「ドテン買い」だ。期待したGPIFの手口と思われる「信託」の買いは、10月第1週から5週連続買いとなったが、その買い越し額合計は7597億円に過ぎず、6週目となる11月第1週から早くも売り越しになっている。外国人投資家のスケールの大きさと日本株に及ぼす影響力は計り知れない。

次ページ関係が微妙になった黒田総裁と政権側
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。