『ノルウェイの森』--資源国通貨の行方《宿輪純一のシネマ経済学》


 監督は、同じく男女のデリケートな関係を描いた名作『青いパパイヤの香り』の“ベトナム系フランス人”のトラン・アン・ユン(なぜ日本人監督ではないんでしょうか)。複雑かつ深い村上ワールドをうまく展開していく。

映画の題名になったノルウェーであるが、スウェ-デン・デンマークとともに北欧の王国である。ノルウェーは欧州にあり、EU(欧州連合)への加盟は、2回の国民投票(最近では1994年)を行うも否決され、EU未加盟となっている。今後の加入に向けた予定も決まっていない。否決の事由はメンタリティの面ももちろんあろうが、主力産業である漁業と農業への影響を慮ったためである。

外貨投資の分野では「資源国通貨」であるなどという言葉がある。資源国とは資源の輸出がその国の経済を支えている国のことである。実はノルウェーもそうなのである。
 
 資源国という言葉は、新興国だけでなくノルウェーのような先進国に対しても使う。北海油田が発見され産油国となり、石油と天然ガスが輸出の約7割を占める。その次に水産物が続く。

資源国通貨は、ほかにはオーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドル、南アフリカ・ランド等がある。オーストラリア、ニュージーランド、カナダも先進国である。ちなみにノルウェーの通貨クローネ(krone)とは、王冠(crown)を意味する言葉が語源である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT