日産、「ゴーン事件」の終わりはまったく見えない 2018年11月の衝撃の逮捕から3年余りが経過

印刷
A
A
いまだ終わりが見えない日産自動車のゴーン事件。東洋経済プラスの「終わらないゴーン事件」で、2018年11月の逮捕から何があったのかを全9回で振り返ります。以下の記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

第9回 判決
日産元役員の“ほぼシロ”判決

2022年3月3日午前10時、東京地方裁判所104号法廷。そこには判決の言い渡しを受ける日産自動車元役員であるグレッグ・ケリー被告が座っていた。>>記事はこちら

第8回 汚点
ゴーンの右腕が法廷で吐露した汚点

2021年1月12日、かつてカルロス・ゴーンの右腕として日産自動車の経営に携わった証人は、まるで自らが被告人であるかのように、反省の弁を口にした。>>記事はこちら

第7回 検察
見えないゴーン被告の取り調べ実態

「まったく事実に反する」――。東京地方検察庁の斎藤隆博・次席検事は2020年1月23日の定例会見で、ゴーン弁護団の1人だった弁護士のブログの内容に猛反発した。>>記事はこちら

第6回 抜け穴
ゴーン被告はなぜ日本から出国できたか

海外渡航の禁止条件付きで保釈中だったカルロス・ゴーン被告。2019年12月31日にアメリカの広報担当者を経由して「レバノン逃亡宣言」を発表してから1週間が過ぎた。>>記事はこちら

第5回 逃亡
絶望と逃亡、レバノンからの「宣戦布告」

100人以上の記者を前に、2020年1月8日にレバノンで会見を開いたゴーン氏は、「日本では公正な裁判を受けることは不可能だった」と逃亡の理由を語った。>>記事はこちら

第4回 保釈
日産が懸念する保釈後の「時限爆弾」

衝撃を与えた逮捕から108日目の2019年3月6日、かつてのカリスマ経営者は刑事被告人に立場を変え、再び世間に姿を現した。>>記事はこちら

第3回 法廷
私は無実、「日産愛」をアピール

「I am an innocent of the accusations made against me」――。2019年1月8日に東京地裁で開かれた勾留理由を開示する法廷で、カルロス・ゴーン氏は自身にかけられた嫌疑を真っ向否定した。>>記事はこちら

第2回 再逮捕
ゴーン氏「3度目逮捕」の衝撃

釈放かと思いきや、待ち受けていたのは逮捕だった。日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が2018年12月21日、会社法違反(特別背任)の容疑で東京地検特捜部に逮捕された。逮捕はこれが3度目だ。>>記事はこちら

第1回 モンスター
日産、前代未聞の「カリスマ解任劇」

「これから大変になりますよ」──。日産自動車の西川廣人社長は、都内にあるなじみの理容室でそうつぶやいた。理容師は深くは受け止めなかったが、数日後の2018年11月19日、カルロス・ゴーン会長(当時)が東京地検特捜部に逮捕されたニュースを見て合点した。>>記事はこちら

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT