東京地検、ゴーン氏「3度目逮捕」の衝撃 第2回 再逮捕

印刷
A
A
2018年12月21日に特別背任容疑で再逮捕された日産自動車のゴーン元会長。写真は2016年(撮影:今祥雄)

特集「終わらない「ゴーン事件」」の他の記事を読む

いまだ終わりが見えないゴーン事件。衝撃が走った2018年11月の逮捕から何があったのかを振り返ります。下記は2018年12月21日に配信した記事の再録です。

 

釈放かと思いきや、待ち受けていたのは逮捕だった。

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長が2018年12月21日、会社法違反(特別背任)の容疑で東京地検特捜部に逮捕された。11月19日に金融商品取引法違反で逮捕されて以来、3度目となる。

東京地方裁判所が12月20日にゴーン氏の勾留延長申請を却下。東京地検特捜部が却下無効を求める準抗告をしたが、東京地裁が準抗告を棄却したことから、ゴーン氏は21日中にも釈放されるものとみられていた。それだけに今回の逮捕は衝撃が大きい。

検察は逮捕から48時間以内に勾留を裁判所に申請。勾留が認められれば10日間勾留し、取り調べを継続できる。延長申請をして裁判所が認めればさらに10日間勾留できるので、ゴーン氏が東京拘置所で年を越す可能性がきわめて高くなったと言えそうだ。

弁護士と接見できない

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内