「ユニクロよりも“おしゃれ”」と早くも評判、ジーユーの超大型店が大阪・心斎橋に登場《NEWS@もっと!関西》

「ユニクロよりも“おしゃれ”」と早くも評判、ジーユーの超大型店が大阪・心斎橋に登場《NEWS@もっと!関西》

店舗面積が標準店比4倍、商品アイテム数1.2倍--。ユニクロの低価格ブランド「ジーユー」は10月22日、同社初めての旗艦店「ジーユー心斎橋店」をオープンした。フロア面積が約500坪と、ジーユーの最大店舗となる。大阪有数の繁華街である心斎橋筋商店街に位置する、旧「ユニクロ心斎橋店」の跡地に開業した。

開店に先駆けて行われたオープニングセレモニーで、同社の柚木治社長は、「旗艦店の第1号として、いいお店にして成功させたい。そして、世界進出に向けたチャレンジの第一歩、という心構えでやっていきたい」と、言葉に力を込めた。

開店前の行列は、オープン1時間前には10人ほどでしかなかったが、時間が経つにつれてみるみる膨れ上がった。朝6時30分ごろから並んでいたという行列先頭の30代男性は、「とにかく安いのが魅力。近所にジーユーがなかったので、心斎橋店のオープンを聞きつけて足を運んだ」と話す。2番目の30代女性も、「ユニクロよりも若者向き。おしゃれ。安いので(複数アイテムを購入することで)いろいろ着回わせる」と、期待を込めた。

行列が300人を超えたため、予定時刻を5分早め9時55分に開店した。開店後の店内は熱気ムンムン。他店からの応援を含めた約50人のスタッフが、特売品を大声で強調しながら、老若男女の買い物客への接客に当たった。松葉杖で歩く高齢の女性客の手をとりながら店内を案内するスタッフの姿も見られた。買い物客は「フリースタートルネックTシャツ」(290円)、「ネルチェックシャツ」(790円)など、オープン記念の特価商品を中心にショッピングを満喫していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 内田衛の日々是投資
  • 就職四季報プラスワン
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。