空前の活況も喜べない、豊作貧乏の半導体ウエハ

半導体の基板材料に使われるシリコンウエハ。需要旺盛にもかかわらず、世界2強の信越化学工業とSUMCOが苦悶している。

SUMCOは9月3日、2010年2~7月期決算を発表した。営業赤字は11億円と水面下ながら、前年同期(488億円の営業赤字)から大幅に改善。今5~7月期は営業利益13億円となり、7四半期ぶりに黒字へ転換した。

とはいえ、2年前のリーマンショック直前まで、四半期で200億円台の営業利益を稼いでいたことを考えれば、寂しいかぎりだ。信越化も状況は似ている。今4~6月期における半導体ウエハ事業の営業利益は94億円と、ピークの3分の1以下にとどまる。

増産には慎重

足元の需要はかなり強い。半導体の業界団体・米SEMIによれば、今4~6月期における世界の半導体ウエハ出荷面積は、前年同期比40%増と過去最高、前四半期比でも7%増と増加基調にある。主戦場であるパソコンやデジタル家電などの需要回復に加え、スマートフォンなど半導体の用途も広がっている。

信越化、SUMCOともに主力の直径300ミリウエハの生産能力は月100万~110万枚と推定されるが、「昨年末ごろからフル生産に近い状態が続いている」(信越化幹部)。「(足元の)稼働率はフルに近い」(SUMCOの田口洋一社長)という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT