アップルが動画配信に本腰、ついに“趣味”から脱却か

アップルが動画配信に本腰、ついに“趣味”から脱却か

米アップルは9月1日、ネット経由で動画配信する「アップルTV」の新製品を発売すると発表した。

「それから、もう一つ紹介するもの、いや“趣味”がある」。1日、米サンフランシスコで開かれたアップルのイベント。新製品群を紹介した後、スティーブ・ジョブズCEOはこう切り出した(>>発表会のビデオ映像はこちら[外部リンク])。

アップルTVは、iTunesで購入したパソコン上の動画などをテレビで視聴できるセットトップボックス。2007年に初代機を投入したが、これまで「ビッグヒットにはならなかった」(同氏)。

そこで、今月末に投入予定の新製品は価格を99ドルと従来品(229ドル)から大幅に値下げ。さらに、従来の映画に加えて、これまで購入のみだったテレビ番組を、新たに99セントから「レンタル」できるサービスも始める。

アップルが3年半ぶりに新製品を投入するのは、音楽に後れを取ってきた動画の有料配信がここ数年で普及してきたことが背景にある。ディズニーなど大手メディアが共同展開する「Hulu(フル)」が人気を集め、ユーチューブが映画配信を始めると取りざたされているほどだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT