米イーベイ、ペイパルを分離・独立

2015年下期に実施

 9月30日、米イーベイは2015年下期にペイパルを分離・独立し上場させる方針を発表した。写真はイーベイの看板。カリフォルニア州で5月撮影(2014年 ロイター/Beck Diefenbach)

[30日 ロイター] - 米電子商取引大手イーベイは30日、2015年下期にオンライン決済サービス部門ペイパルを分離・独立(スピンオフ)し上場させる方針を発表した。

イーベイのジョン・ドナヒュー最高経営責任者(CEO)は声明で、2015年以降、ペイパルをイーベイの傘下にとどめておくことは、戦略、競争のいずれの観点においても双方の事業に有益でないことが、取締役会の戦略的見直しで明らかになったと述べた。

ドナヒュー氏は米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、イーベイの株主である米著名投資家のカール・アイカーン氏がこれまで提案していた戦略に従っていると認めた。ただ、慎重な検討のうえでの決定で、外部からの圧力に屈したわけではないとした。

イーベイによると、マーケットプレイス(電子商取引)および企業向け部門の収入はこれまでの1年で10%増の99億ドル、ペイパルの収入は19%増の72億ドルだった。

パイパー・ジャフリーのアナリストらは調査ノートで、「マーケットプレイスとペイパルを分離することで、マーケットプレイスが買収対象としてより魅力的になる可能性がある」と指摘した。

組織再編後は、マーケットプレイス部門の責任者であるデビン・ウェニグ氏がイーベイのCEOに就任し、アメリカン・エキスプレス オンライン決済事業の元責任者であるダン・シュルマン氏がペイパルのCEOとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。