ニコンが“技術力”の金看板外す決心、カメラ業界の壁が融解《新しい経営の形》

ニコンが“技術力”の金看板外す決心、カメラ業界の壁が融解《新しい経営の形》

日本を代表するブランドの一つ、ニコン。世界のプロカメラマン御用達が金看板であった同社が今、長い時間をかけ築き上げてきた誇りの象徴、“技術のニコン”というブランドイメージからの脱却に、必死で取り組もうとしている。

この転換点で指揮を執るのは、6月就任したばかりの木村眞琴社長だ。直近7年間、映像カンパニー(カメラ事業)の長を務めた後、苅谷道郎会長に重いバトンを託された。

“売る発想”を探し出せ 業界2強にも脱落の危険

10年前、社内では異色の新規事業室に所属し、ITバブルに沸く米国でもまれていた。ある日、当時カメラ事業トップに就いたばかりの苅谷氏が、ニューヨークまで会いに来た。面識こそないが、木村社長のことを「ウルサイがデキるやつ」と聞きつけての渡米。わざわざ足を運ぶ理由があった。その当時も、ニコンのカメラ事業は転換期に立たされていたのだ。技術畑を歩んできた苅谷氏は、マーケティングを経験し、少しでも“売る発想”に長けた適任者を探し、引き上げる必要に迫られていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。