「日本の劣化」、安倍政権が加速させている

笠井潔×白井聡、『日本劣化論』延長戦(前編)

政治学者の白井聡さん(左)と、作家の笠井潔さん(右)
なぜ東京でオリンピックをやるのか? 安倍改造内閣は女性が活躍? 集団的自衛権でイスラム国掃討に駆り出される? 親米保守はどこまで地に堕ちた? 
いま、日本の劣化の勢いが止まらない。戦後日本が抱えた様々な矛盾のツケがついにふりかかってきたともいえるだろう。作家であり、思想史を踏まえた評論活動をしてきた笠井潔さんと、昨年『永続敗戦論』で話題になった若き政治学者の白井聡さんによる対談本『日本劣化論』(ちくま新書)の延長戦。9月9日、丸善丸の内本店にて開催。

オリンピックは誰が望んでいるのか

白井:『日本劣化論』が出たのは7月ですが、この本のための対談をしたのは1月末でした。ですので、それ以降も次々と新しいファクターが出てきています。なので、ここでは、その延長戦をやっていければ、と思います。

さて、このイベントは丸善丸の内店の10周年記念でして、ちょうど10年前に何があったかというと、アテネオリンピックがありました。最近、ネットでみて愕然としたんですが、アテネオリンピックの競技施設が10年経って、廃墟になっているんですね。たとえば野球場とか、ススキがはえて、スタンドとかもボロボロで完全に廃墟と化しています。

これをみて、不吉だなと思うは、予定されている東京オリンピックです。もうあと6年後に迫っています。これについて疑問に思うのは、新聞やテレビなど大きなマスコミで、東京オリンピック反対を正面から訴えている会社はひとつもありません。これもひとつの劣化ではないでしょうか。

笠井:東京オリンピックに誰も反対しないのは、日本の劣化を憂慮している人たちがオリッピックをやれば、劣化をとめられるんじゃないかと思っているからでしょう。

新橋駅あたりの街頭インタビューで、サラリーマンが景気をよくしてほしいというけど、その具体的中身は一向に不明なんです。こういった人たちがオリンピックを望んでいる。オリンピックに賛成している読者が多くいれば、マスコミも商売ですから反対しにくいのではないでしょうか。

白井:3.11の津波の大損害、福島の原発事故が本質的には収束していない状況で、オリンピックというお祭りをやっている場合かというのが普通の発想だと思うんですが、そうはなっていない。建設業界からは、資材や人材をとられるため、東北復興に悪影響を与えていると聞こえてきます。こんなことをやっていいのか、できるのかという感覚にとらわれます。

次ページ1940年の東京オリッピックを連想
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT