22年の米公開市場委員会メンバーはタカ派ハト派

3つのFRB理事ポストはバイデン人事で決まる

2022年の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、投票権を持つメンバーは見たところタカ派的な顔ぶれとなる見通しだ。輪番制による入れ替えで、通常ハト派寄りの姿勢を取ってきた地区連銀総裁が複数名、メンバーから抜けてタカ派寄りの総裁が加わるためだ。

ただ来年は連邦準備制度理事会(FRB)の理事ポストが3つ空席となり、バイデン政権の人事によりタカ派・ハト派のバランスが変わる可能性がある。

来年メンバーとなるのはカンザスシティー連銀のジョージ総裁、クリーブランド連銀のメスター総裁、セントルイス連銀のブラード総裁、そしてボストン連銀の次期総裁だ。ボストン連銀の次期総裁は現在まだ選考中で、正式に決定するまではフィラデルフィア連銀のハーカー総裁が投票する。

最新のドット・プロット出典:ブルームバーグ

一方でシカゴ連銀のエバンス総裁、アトランタ連銀のボスティック総裁、リッチモンド連銀のバーキン総裁、サンフランシスコ連銀のデーリー総裁がメンバーから抜ける。ブラード、メスター、ジョージの3総裁は全員このところ、急速な物価上昇を巡ってタカ派寄りの発言をしている。

次ページバイデン大統領は年末までに理事を指名する意向
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT