「からあげクン」宇宙食化に暗雲がたちこめたワケ

漫画「宇宙めし!」(第2集・第10話)

「からあげクン」を宇宙へ──! 久世と長谷は実現に向けて動き出す。

──宇宙に、行きたい。近付きたい。

低い身長を理由に、宇宙飛行士を諦めた主人公・久世晴可(くぜはるか)は、就職活動中、「JAXA」(宇宙航空研究開発機構)の「誰もが行ける宇宙を目指して」というキャッチコピーを目にし、自分の夢を思い出す。

『宇宙めし!』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

そうしてJAXAに入社した晴可が配属されたのは、なんと「宇宙食開発グループ」!

「宇宙食」という未知の分野に触れ、戸惑う晴可だったが、「食」が宇宙飛行士達の「幸せ」を生み出すことを知り……!?

銀河を超える、極上の幸せを作り、宇宙に届けるまでのロマンあふれる開発奮闘劇! 『宇宙めし!』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(33ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT