最新!「40歳年収」東京都トップ500社ランキング

推計年収1000万円を超えた企業はいくつあるか

本社所在地が東京都の企業を対象とした40歳推計年収ランキング(写真:まちゃー //PIXTA)

最初の管理職とされる課長クラスに昇進する人も増えてくる40歳。世のビジネスパーソンはいったいどれぐらいの給料をもらっているのだろうか。東洋経済オンラインでは上場企業のうち、3230社を対象に各社の40歳社員の年収を推計。先日公開した「全国トップ500社」のランキングに続いて、本社所在地が東京都の上位500社ランキングを公開する。

単体の従業員数が10人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業、一部業種などは集計対象から除いており、有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「令和2年賃金構造基本統計調査」を基に試算した。

最新の『会社四季報 2021年4集秋号』は発売中。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算している。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、単体の年収数字となっている。

また、純粋持ち株会社は本社の中枢機能を担う社員のみで成り立っているケースが多く、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある。こうした純粋持ち株会社について、原則としてランキングの対象から除外していることも、併せてお断りしておきたい。

40歳推計年収1000万円以上は37社

1位となったのは「全国トップ500社」ランキングと同じく、M&Aキャピタルパートナーズの2633万円。M&A助言業の企業が上位に入っており、ストライクは1449万円、日本M&Aセンターホールディングスは1355万円という結果になった。

ランキング対象企業のうち、40歳推計年収が1000万円以上は37社。40歳で大台を突破できる高給企業は、全体の2%弱と限られた存在だ。最初の管理職とされる課長クラスに昇進する人も増えるこの年代あたりから、給与の差も出やすくなっている。

次ページまずは1~50位のランキング
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT