米Appleを衰退させる「残念な企業文化」の中身

「デザイン至上主義」「トップダウン」はもう限界

アップルの未来について、私は、アップルの共同創設者であるスティーブ・ウォズニアックにインタビューすることができた。

会話は変革についての議論で始まり、ウォズニアックはアイフォーンについて自身が考えていたことを率直に述べてくれた。

「ユーザーとして、現在のアップルの製品に満足している」とウォズニアックは言った。

「アップルの売り上げやマーケットシェアが半分になってしまったらどうかって? だからなんだというんだ。それでも大企業じゃないか。なくなったりしないさ」

しかし、アップルはアイフォーンの成功にあぐらをかいているつもりはない。

アップルは自動車をつくりたい。アップルはホームポッドとシリを成功させたい。スティーブ・ジョブズ・シアターで、アップルTVプラスの番組の予告編を見せる以上の大きな発表を行いたい。

そしてアップルはほかにも、私たちに内緒にしている計画があるようだ。ただしこれらの夢を実現するには、アップルはその文化を変えなければならない。

インタビュー終盤の一言で…

エンジニア思考についてウォズニアックと議論して、アップルにもっと変革があふれるようになるにはどうすればいいかと尋ねてみた。

『GAFAMのエンジニア思考』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

アップルの共同創設者は最初、自分は経営に携わっていないから、アップルが「もっと」変革あふれるようになれるかなんて知らないと言って、その場はやり過ごした。

しかしそろそろ別れようとする間際になって、ウォズニアックはその質問に答えた。

「低い層のマネジャーに決定を任せることだ。低い層にもっと責任をあずけるんだな」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT