コロナ往診で注目「ファストドクター」起業の背景

搬送に断られた経験から救急往診事業スタート

夜間や休日に、救急の往診などの新たな選択肢を提供する「ファストドクター」。代表の菊池亮医師に、医師になるまでの道のりと起業へと踏み切った理由を聞きました(写真:hamilton601/PIXTA)
医療機関が休診となる夜間や休日に、救急の往診などの新たな選択肢を提供する「ファストドクター」。現在は自治体と連携し、新型コロナウイルス感染症の自宅療養者への往診なども行っている。週刊朝日ムック『医学部に入る 2022』(9月24日発売)では、代表の菊池亮医師に、医師になるまでの道のりと起業へと踏み切った理由を聞いた。

両親ともに医師という家庭で育った菊池亮医師。患者から喜ばれる姿を間近に見て、その仕事にあこがれを抱いていた。一方、中学3年からはブレイクダンスにはまり、地元・浜松市のダンスチームの活動に気持ちを燃やす日々。高校に進学する頃には、「海外でダンサーになる道」を真剣に考えたという。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「しかし、プロの道は厳しい。ダンスで生涯を尽くすにはセンスが足りない、という現実がだんだんと見えてきました。では将来、何をしようかと自分を見つめ直したときに、両親の姿が思い出された。人に貢献でき、感謝される医師の道を選ぼうと決めたのです」

しかし、高校2年の終わりに受けた大学入試センター模試の結果は惨憺(さんたん)たるものだった。苦手な英語は200点中80点。これはまずいと一念発起して受験勉強に本腰を入れた。数学も一からやり直し、高3の4月には「数I・A」、5月に「数II・B」、6月に「数III・C」と進めていく。結果、成績が上昇し、現役で帝京大学医学部に合格することができた。

搬送に断られた経験から救急往診事業をスタート

卒業後は大学病院での研修を経て、同大病院整形外科へ。当直が多く、救急外来を手伝う日々が続いた。そして4年目、勤務先の関連病院でファストドクター起業のきっかけとなる、ある出来事に遭遇する。

「当直をしていたある晩のこと。発熱で受け入れた高齢患者さんに髄膜炎の疑いがあることがわかりました。勤務していた病院では十分な治療ができないので、受け入れ先を探したのですが、決まるまでに19もの病院に断られてしまいました。断る理由のほとんどは、『救急搬送患者が多く、忙しい』というものでした」

同じようなことがその後も繰り返され、フラストレーションがたまっていった。何か自分にできることはないのか。毎日のように考え続けた。

「救急車を呼ぶ人のうち、高齢者の割合が年々、増えていることがわかりました。普段は元気でも、高齢者はいったん体調を崩すとがたがたっと悪くなります。家族がいればサポートしてもらえますが、1人暮らしの方は救急車を呼ぶしかありません。こうした患者さんの救急相談を受けたり、訪問して診療をしたりするサービスができないか、と考えたのです」

次ページ病院勤務後に往診していた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT