マクドナルドが店外で圧倒する2つの訳【動画】

最高益の裏に持ち帰り・宅配の"綿密戦略"あり

新型コロナウイルスが痛撃した外食産業において、数少ない勝ち組とされる日本マクドナルドホールディングス(HD)です。

2021年12月期営業利益は過去最高更新へ

8月13日に発表した2021年1~6月期(2021年12月期第2四半期)決算は売上高1512億円(前年同期比8.6%増)、営業利益172億円(16.6%増)と好調で、既存店売上高も同9.3%増となりました。

これを受けて2021年12月期の業績予想を上方修正。売上高は当初の2995億円(前期比3.9%増)を3120億円(同8.2%増)、営業利益は同320億円(同2.3%増)から340億円(同8.6%)へ上積み。前期に続いて過去最高の営業利益を更新する見通しです。

ここまで絶好調に推移する要因とは?

ポイントを動画にまとめました。東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT