解熱後に来る「コロナ後遺症」楽観できない実態

髪の毛が毎日ごっそり抜ける30代女性も

脱け毛の量は普段の3倍になったという(写真:鈴木さん提供)
この記事の画像を見る(4枚)

「髪の毛が毎日 ごっそり抜ける」「日に日に薄くなる髪……。いつまで抜け続けるのか、不安で仕方ないです」

新型コロナウイルス感染症の後遺症で苦しんでいる現状を打ち明けてくれたのは、都内在住の鈴木さとみさん(39)。“髪は女の命”といわれるだけに、悩みは深刻だ。

普段の3倍くらいの量の髪が抜けた

鈴木さんは、5月31日に38度以上の発熱があり、PCR検査を受けることに。すると、6月2日にコロナ陽性と判明。だが、病院に入院することはできず、自宅療養を余儀なくされた。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

38.5度以上の高熱が8日間も続き、さらには頭痛や倦怠感もひどかった。少しでも動くとせきが止まらず息苦しいので、とにかく動かないようにしていました。

この期間は、市販の解熱鎮痛薬カロナールとせき止め薬を服用して過ごしていました」(鈴木さん、以下同)

だが、それらの薬はほとんど効かず、ひたすら耐えるのみだったという。

それでも1カ月ほどたつと、頭痛や倦怠感は治まりようやくひと安心……と思いきや、新たな症状が鈴木さんを襲う──。

7月中旬になると、今度は脱毛の症状が気になってきたんです。お風呂上がりに髪の抜け毛を集めると、手のこぶしぐらいの大きさになるほど。普段の3倍くらいの量が抜けていました

不安になった鈴木さんは区役所に問い合わせて病院を紹介してもらおうとしたが、

自宅近辺の病院を紹介してもらえなかったので結局、自分で探しました。8月6日から地元にある漢方薬を処方してくれる病院を見つけて通院するようになりました。コロナ後遺症の症状だと伝えると“わからないから”とはじめは断られて……。とはいっても不安ですから、なんとかお願いして、相談させてもらっている状態です

次ページ思いのほか激しい倦怠感の症状
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT