「86/BRZ」新型登場で初代の中古車はどうなるか

正常進化&手頃さが増した新型と初代の差は?

新型が発表されたが、いまだに人気の高い初代トヨタ86とスバルBRZ(写真:トヨタ自動車/SUBARU)

ついにスバルから「新型BRZ」が正式発表された。価格帯は308万円〜343万2000円というから、予想を裏切るバリュープライスといえる。なにせエンジンの排気量は2ℓから2.4ℓに引き上げられたうえに、ボディ剛性も大幅に向上。それでいて初代モデルと変わらない価格帯なのだから、実質的な値下げといっても過言ではない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

エンジンは水平対向4気筒のFA24型を搭載し、最高出力は先代の24㎰アップとなる235㎰を発揮する。最大トルクは38Nmアップしたうえに、その発生回転数もかなり下げられた(先代は6400〜6800rpmなのに対し、新型は3700rpm)。加速力が高まっているのはもちろん、街乗りでの扱いやすさも向上しているのは想像するにたやすい。

ボディは、フロント横曲げ剛性60%、ねじり剛性50%アップ。強固な屋台骨とし、質感の高い走りを手に入れている。また、スポーツカーにとって重要な要素といえる軽量化も意欲的に進めた。ルーフやフード、フロントフェンダーをアルミ製とすることで重量増を最小限に抑え、スポーツカーらしい爽快感のある走りを体現する。

9年ぶりに刷新された新型86/BRZは買いか?

正式発表された新型BRZのスタイリング(写真:SUBARU)
新型BRZは、全車速追従機能付きクルーズコントロールも搭載する(写真:SUBARU)

まさに正常進化を遂げたというにふさわしい新型BRZ。6ATモデルにアイサイトが装備されるなど、安全性が高められたのもトピックだ。また全車速追従機能付きクルーズコントロールも備えており、渋滞中もアクセルやブレーキ操作をせずに先行車に追従してくれるので疲労も少ない。後退時のブレーキアシストも装備しているので、初心者ドライバーにも安心である。

一方で気になるのが兄弟車となるトヨタ「86」だ。こちらも近いうちに新型のGR86も発売されることになるが、スペックや価格帯は大きく変わらないことだろう。運転を楽しめる手頃なスポーツカーという揺るぎないコンセプトを掲げて誕生した新型は、クルマ好きのニーズにしっかり応えている。それだけに“売れる”ことが予想される。実際にBRZは今注文しても納車は10月頃となる見込みとか。

全方位で進化を遂げた2代目86/BRZが買いなのは間違いない。そんな新型に注目が集まっている今だからこそ、注目したいのが初代86/BRZだ。ドレスアップやスポーツ走行を楽しむなら、すでにアフターパーツも出揃っている中古車で初代を選ぶという選択肢も増えていく。

今秋発売予定のGR86(写真:トヨタ自動車)
次ページ新型登場で気になる、初代86/BRZの中古車相場は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT