「ジュゼップ戦場の画家」が伝える戦中収容所の姿

スペイン内戦の政治難民をフランス政府が冷遇

8月13日より公開のアニメ映画『ジュゼップ 戦場の画家』はスペイン人画家・ジュゼップ・バルトリの実話を描いた作品だ(東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) ©️Les Films d'Ici Méditerranée - France 3 Cinéma - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime – Promenons - nous dans les bois - Tchack - Les Fées Spéciales - In Efecto - Le Mémorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

波瀾万丈の生涯を送ったスペイン人画家・ジュゼップ・バルトリ。彼の実話をアニメーション化した映画『ジュゼップ 戦場の画家』が8月13日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開予定となる。

劣悪な収容所に押し込められたスペイン人画家

物語の舞台は1939年のフランス。フランス国内にスペイン内戦の戦火を逃れた政治難民が多数押し寄せたが、政府は彼らを強制収容所に無理やり押し込め、冷遇する。収容所の環境は劣悪で、人々は寒さ、飢え、病魔に苦しめられることになる。そんな中、難民の中にいた画家のジュゼップは、自分の正気を保つべく建物の壁や地面にただ黙々と絵を描き続けていた。

収容所の憲兵たちは収容所の難民をさげすみ、暴力と恐怖で彼らを支配していた。だが、そんな仲間たちの振る舞いに嫌気がさしていた心優しきフランス人憲兵セルジュは、仲間たちに見つからないように、こっそりとジュゼップに鉛筆と紙を与えることにする。

7月30日(金)~8月1日(日)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

人間の尊厳が踏みにじられる状況の中、彼は希望を捨てずにペンを握り続け、そのおぞましい状況を描き続けた。やがてジュゼップとセルジュジュの間には固い友情が芽生えていく――。

本作の監督を務めるのは、フランスの全国紙「ル・モンド」や週刊風刺新聞「カナール・アンシェネ」などでイラストを担当するほか、さまざまなフランスの新聞でグラフィックを手がけてきたイラストレーターのオーレル。

彼は漫画家としておよそ20冊近い本を出版したほか、2011年にはアルジェリア戦争を舞台とした初の短編アニメーション『Octobre Noir』(Florence Correとの共同監督)を制作している。そんなオーレル監督にとって、本作は長編アニメーションデビュー作となる。

オーレル監督がジュゼップのことを知ったのは2010年のこと。とあるブックフェアでジュゼップのおいであるジョルジュ・バルトリの著書を手にしたオーレル監督は、その表紙に描かれていたジュゼップの絵に一気に魅せられたという。

次ページ悲惨な出来事を伝える重要な証言
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT