米加州コロナワクチン接種すれば賞金がもらえる

現金やクッキーなど促進策導入する地域も増加

米カリフォルニア州当局は新型コロナウイルスのワクチン接種を促進するため、総額1億1650万ドル(約128億円)の賞金を準備した。

27日にカリフォルニア州が開始した新キャンペーン「勝利のためのワクチン」では、12歳以上の住民で少なくとも1回接種を受けた人は6月に3回行う抽選の対象者となる。米国では予防接種に消極的な住民を説得するため、現金やクッキーなどのインセンティブを導入する地域が増えている。

カリフォルニア州の抽選はまず6月4日と11日に行われ、1人当たり5万ドルの賞金を受け取る当選者計30人を選ぶ。15日に行う最後の抽選では、10人が1人当たり150万ドルの賞金を得る。このほか、同州の食料品チェーン店で使用できる50ドルのプリペイドカードが200万人に与えられる。

全米で人口が最も多い同州は社会的集まりや事業活動の制限をほとんど解除し、6月15日に経済を全面的に再開する構え。12歳以上の州住民の約63%はワクチン接種を受け、感染率は全米で最も低いとニューソム州知事は27日に語った。ただ、接種対象者の中でまだ1200万人は1回も接種を受けていないと推定されている。

原題:California to Give $116.5 Million in Prizes for Vaccinations (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:David R. Baker

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT