米国の司法当局がアマゾンを独禁法違反で提訴

競合するプラットフォームより低価格販売禁止

米首都ワシントンのラシーン司法長官は25日、アマゾン・ドット・コムの慣行が反トラスト法(独占禁止法)に違反し、販売価格引き上げにつながったとして、同社を提訴した。

アマゾンを相手取った独禁法訴訟としては米国で初となり、州・連邦当局がここ1年で米大手ハイテク企業に対して起こした同様の訴訟としては6件目となる。ただ、アマゾンをはじめとするハイテク業界全体に対するさらなる逆風が見込まれるにもかかわらず、同社株は25日にこのニュースを受けた下落から値を戻し、上昇して取引を終えた。

ラシーン司法長官は訴状で、アマゾンは規約で外部の販売業者に対し、競合するプラットフォームで商品をより低い価格で販売するのを禁止しており、それが消費者にとって人為的に高い販売価格につながり、同社の独占力が強まったと主張した。

アマゾンの広報担当者は電子メールで「当社のストアで販売業者は提供する商品の価格を自ら設定している」と主張し、訴訟が司法長官が求める通りの結果になれば、同社は価格引き上げを余儀なくされるだろうとコメントした。

原題:Amazon Showdown Grinds on With First Antitrust Case in U.S.(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:David McLaughlin

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT