ブリヂストン、ゴルフブランド刷新の思惑

全英オープンで宮里優作も「Bマーク」を使用

ブリヂストンスポーツの梶CEO(左から4人目)と契約プロたち

ゴルフ業界大手のブリヂストンスポーツ(BS)は7月14日、新ブランド「BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストン ゴルフ)」を発表した。このブランドは米国ですでに展開しているもので、日本でも同ブランドを主軸にしていく。

BSの梶哲也CEO(最高経営責任者)は「わくわくするような商品・サービスを提供し、日本発の世界基準になるべく、展開していく。最高のゴルフ体験をお客様にお届けすることで、市場を活性化していきたい」と意気込んだ。

なぜ今、刷新するのか

発表会で目立ったのは、親会社ブリヂストンの存在感だ。ブリヂストンの西海和久COO(最高執行責任者)が「新ブランドはグループ総力を挙げて作り上げた結晶。技術、ビジネスモデルの両面でイノベーションを推進していく」と力を込めれば、グループのグローバルマーケティングを担当する石橋秀一CMO(最高マーケティング責任者)は「ブリヂストンの社名を冠したブランドは大きな柱になる。真のグローバルブランドになりたい」と期待を語った。

画像を拡大
「真のグローバルブランドになりたい」と語った、ブリヂストンの石橋CMO

それもそのはず、ブリヂストンは6月にIOC(国際オリンピック協会)と10年間にわたるTOPスポンサー契約を結んだばかり。同社にとって、ゴルフを含むスポーツは、ブランディングにおける重要なコミュニケーションプラットフォームという位置づけなのだ。

BSはこれまで、国内は看板ブランドで主にアスリート系ゴルファーを対象とした「ツアーステージ」と高級ゾーンの「ファイズ」、米国で「ブリヂストンゴルフ」ブランドと、日本と海外で異なるブランドを展開してきた。しかし、ツアーステージは「ゼクシオ」「スリクソン」のダンロップスポーツや海外ブランドの攻勢を受けブランド力が低下。BSの売上高は下降線をたどってきた。

次ページなぜブランド力は低下したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT