アップルが「紛失防止タグ」「紫のiPhone」を発表

24インチiMac発売、iPad ProとApple TVも進化

ビデオプレゼンテーションに登場したアップルのティム・クックCEO(写真:アップル基調講演ビデオより)

アップルはアメリカ太平洋夏時間4月20日午前10時(日本時間4月21日午前2時)、オンラインイベントを開催した。本社「Apple Park」で撮影された映像を通じて、数々の新製品とサービスを発表した。まずは発表順に短く解説していく。

発表された製品とサービスとは?

・Apple Card Family(アメリカのみ)

iPhoneのみで発行できるクレジットカードに、家族カード機能を追加。Apple IDのファミリー共有グループに属する13歳以上の家族メンバーに対してデジタルで家族カードを割り当てることができ、使った金額を手元で管理し、請求を統合できる。画期的なのは子どもが18歳以上になると、クレジットヒストリー(履歴)を蓄積していくことができる点。

・Podcastアプリの刷新

5月から、170カ国で番組の有料購読制を導入。良質な番組のマネタイズ環境を構築していく。同時にクリエイターによる番組のキュレーション「チャンネル」を導入し、無料コンテンツを楽しんでもらいながら、クリエイターは有料購読への導線を作ることができる。

・パープルのiPhone 12 / iPhone 12 mini

紫色のiPhone 12とiPhone 12 miniをラインナップに追加した。2019年モデルのiPhone 11にもパープルのラインナップが用意されており、復活させた格好だ。アップルのウェブサイトでの価格は税込み表記となり、5.4インチのiPhone 12 miniが8万2280円~、6.1インチのiPhone 12が9万4380円~。

・AirTag

アップル純正の忘れ物防止タグ。標準的なボタン電池で1年以上持続する。耐水性を備えており、文字や絵文字の刻印でカスタマイズ可能。iPhone 11以降に搭載されたU1チップに対応する「超広帯域通信」(UWB)を用いて、正確な距離と方向をガイドして自分の物を見つけることができる。

アップルの探し物トラッカー、AirTag(写真:アップル基調講演ビデオより)

また、世界中の人が使うiPhone・iPad・Macで構成される「Find My Network」を活用し、通信機能を持たないAirTagのありかを追跡することができる。

アップルが革のホルダーを用意するほか、Apple Watchでコラボレーションしているエルメスからも、アクセサリーが発売される。価格は1つ3800円、4個セットで1万2800円。4月23日から注文を受け付け、4月30日発売。

次ページApple TV 4K、24インチiMac、iPad Pro
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT