『アリス・イン・ワンダーランド』--映画が引っ張る経済成長《宿輪純一のシネマ経済学》


 原作の『不思議の国のアリス』は、1865年にルイス・キャロルによって描かれた世界的に有名な小説で、誰でも1度は読んだことがあるだろう。30本以上の映画、数え切れないテレビ作品となってきた。

この作品の魅力は“摩訶不思議な奇妙さ”。同じ魅力を持ち、アリスを最大限に光らせることができたのが、ティム・バートン監督である。彼は幻想的で独特な映像美の作風を持ち、鬼才ともいわれる。

本作品でも組んでいるジョニー・デップとの作品が多く、2人が組んだ映画は『シザーハンズ』『エド・ウッド』『スリーピー・ホロウ』『ティム・バートンのコープスブライド』『チャーリーとチョコレート工場』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』に続いて7作目となる


■ティム・バートン監督(左)とジョニー・デップ

 『シザーハンズ』が1990年の作品なので両者の関係はもう20年になるが、今や公私共に付き合う仲。次の作品は、60年代のテレビカルト『ダーク・シャドウズ』(2011年公開予定)といわれているが、これも再びタッグを組むという話がある。

ジョニー・デップは、なんと1963年生まれの46歳であるが、「最もセクシーな男性(男優)」といわれている。独特なラフなファッションにも特徴があり、帽子を好み(本作品の中でも帽子屋の役)、黒縁の眼鏡をかけ、無精ひげのようなひげをつねに生やしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。