プロ推薦「サブスク」で見られる海外ドラマ3選

全米2600万人が見た人気作、全121話の大作も

海外ドラマの中でもとくにおすすめの、とっておきの3作品を紹介(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/PIXTA)
この記事の画像を見る(8枚)

映画評論家としてテレビやラジオで活躍するコトブキツカサさん。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

年間で鑑賞する映画は約500作品にものぼるが、負けず劣らずの熱量を注ぐのが海外ドラマだ。

曰(いわ)く、「映画の仕事で使った頭を癒やす、最高のご褒美」だという。

今回はNetflixやAmazon Primeといったサブスクリプションサービスで鑑賞できるドラマ作品を中心に、推しの3本を紹介してもらった。

①普通の映画の10倍の謎解きがある『ブラックリスト』

あらすじ
FBIの最重要指名手配犯が自首をする。結末のようなイントロで始まる超大型サスペンスドラマ『ブラックリスト』は、全米ネットワークNBCで2013年にスタート。現在は、Netflixで6シーズンまで配信中。主人公のダークヒーロー、“レッド”を演じるのはジェームズ・スペイダー。
『ブラックリスト』(写真:© 2013, 2014 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.)

──作品を観たきっかけは?

妻からの勧めです。僕ら夫婦には唯一の共通の趣味があって、それが海外ドラマ鑑賞。一緒に観るものは相談しながら決めますが、『ブラックリスト』に関しては妻が先に知っていて「絶対面白いから観て!」と。

主人公を演じるジェームズ・スペイダーが、まったく主役顔じゃない(笑)。それが僕的に引っかかって、いまいち乗り気になれなかった。それでも妻が「絶対面白いから大丈夫!」と力説してきたんですよ。

次ページ観てみたらこれが本当に面白い!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT