プロ推薦「サブスク」で見られる海外ドラマ3選

全米2600万人が見た人気作、全121話の大作も

海外ドラマの中でもとくにおすすめの、とっておきの3作品を紹介(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/PIXTA)
この記事の画像を見る(8枚)

映画評論家としてテレビやラジオで活躍するコトブキツカサさん。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

年間で鑑賞する映画は約500作品にものぼるが、負けず劣らずの熱量を注ぐのが海外ドラマだ。

曰(いわ)く、「映画の仕事で使った頭を癒やす、最高のご褒美」だという。

今回はNetflixやAmazon Primeといったサブスクリプションサービスで鑑賞できるドラマ作品を中心に、推しの3本を紹介してもらった。

①普通の映画の10倍の謎解きがある『ブラックリスト』

あらすじ
FBIの最重要指名手配犯が自首をする。結末のようなイントロで始まる超大型サスペンスドラマ『ブラックリスト』は、全米ネットワークNBCで2013年にスタート。現在は、Netflixで6シーズンまで配信中。主人公のダークヒーロー、“レッド”を演じるのはジェームズ・スペイダー。
『ブラックリスト』(写真:© 2013, 2014 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.)

──作品を観たきっかけは?

妻からの勧めです。僕ら夫婦には唯一の共通の趣味があって、それが海外ドラマ鑑賞。一緒に観るものは相談しながら決めますが、『ブラックリスト』に関しては妻が先に知っていて「絶対面白いから観て!」と。

主人公を演じるジェームズ・スペイダーが、まったく主役顔じゃない(笑)。それが僕的に引っかかって、いまいち乗り気になれなかった。それでも妻が「絶対面白いから大丈夫!」と力説してきたんですよ。

次ページ観てみたらこれが本当に面白い!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT