外国人観光客に支持される日本の宿は? 旅行クチコミサイト調べ


 世界最大の旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーの日本法人は、投稿されたクチコミを元に、外国人観光客に支持される日本の宿ランキングを発表した。

このランキングは、日本語以上に外国語によるクチコミ投稿が多く、かつ高い評価を受けた宿泊施設をランキングしたものだ。2009年1年間に投稿されたクチコミを集計した。

トリップアドバイザーには、09年に約8000軒の日本のホテルや旅館に対してクチコミが投稿された。このうち外国人(外国語)からのクチコミは全体では約2割だったが、ランキング上位20位の平均では外国人のクチコミ比率は85%にのぼった。

ランキングには著名な大手高級国際ホテルと並んで、小規模な旅館やビジネスホテルもランクインしている。

日本人が選ぶホテルランキングとはかなり異なった興味深い結果となっている。

(東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。