オリラジ藤森が選んだ「くっついていく」生き方

昔からあっちゃんのカリスマ性は圧倒的だった

昨年末に吉本興業を退所した藤森さん
昨年末、オリエンタルラジオが吉本興業を退所するというニュースが世間を驚かせました。
中田敦彦さんは前々から「シンガポール移住」を公言していたため、既定路線と捉える人が多かった一方で、相方の藤森慎吾さんが共に独立という選択をしたことは、驚きをもって伝えられました。
藤森さんの初の著書『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』では、自身の半生、人生哲学、そして相方・あっちゃんへの思いがつづられています。本稿は同書から一部を抜粋しお届けします。

いつだって「そこそこ」の人生

鬼教官のシゴキは……じゃなかった、あっちゃんとの厳しいお笑いの稽古は、もちろんその夜だけでは終わらなかった。あっちゃんは本気だ。いや、ぼくだってぼくなりに本気だし、やると宣言したからにはついていくつもりだった。というか、すでにノーと言える雰囲気なんかじゃない。来る日も来る日も稽古に明け暮れた。

あっちゃんは、もう単なる友だちというのではない。「相方」ってやつである。

こんなぼくと一緒になって、あっちゃんはお笑いの道を目指してくれている。ありがたく思わなくちゃいけない。が、ツッコめどもツッコめどもうまくいかず、怒られっぱなし。そこまで言うか?というほどダメ出しをされた。

つらい……。でもここはがんばる。がんばるしかない。

長野県諏訪地方の寒冷地で生まれ育ったぼくは、「この土地の者は粘りと忍耐力が持ち味だ」と聞かされてきた。自分にはその持ち味がなぜかまったく備わっていなかった。それでもここはむりやり信じ込んだ。

諏訪育ちのオレの粘りを、ナメるんじゃないぞ!って。それに、じつを言えば、どこか打算的な気持ちもあった。ぼくだって何者かになりたい。ひととは違う、抜きん出た、ド派手なことをしたい。ひらたく言えば「ビッグになりたい!」。せっかく生きるんなら、そうありたい。ここを耐えれば、そこに近づけるかもしれない。

次ページすべてが「そこそこ」だった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT