KDDIが個人向けでは初のスマートフォン投入へ、競争激化のなか巻き返し図る

KDDIが個人向けでは初のスマートフォン投入へ、競争激化のなか巻き返し図る

「au」ブランドの携帯を展開するKDDIは、6月上旬、同社初となる個人ユーザー向けスマートフォンを発売する。同分野では米アップル社製「アイフォーン」を擁するソフトバンク<9984>がリードしているが、最後発となるKDDIは日本の携帯電話を意識した仕様で追撃を期す。

今回発表されたのは、グーグル製アンドロイドOSを搭載したフルキーボード型の「IS01」(シャープ製)と、ウィンドウズOSを搭載したアイフォーンタイプの「IS02」(東芝製)。3月30日の製品発表会でのプレゼンテーションでは、「ネットブックとスマートフォンの良いところを取った『スマートブック』というコンセプト」(高橋誠・常務執行役)の「IS01」に、特に時間を割いてプレゼンテーションを行った。

「IS01」の特徴は、フルキーボードと5インチの大型ディスプレー。電子辞書ほどの大きさがあり、通話機能を一定頻度使うことを想定した通常のスマートフォンとは別物。通話を行う際には、運転中に使うハンズフリー型のマイクなどを使用する。

ターゲットに据えるのは、「ミクシィ」などのソーシャルメディアを愛用する20~30代の女性だ。通常の携帯電話をすでに持っている人の「2台目需要」を取り込む戦略だ。そのほか、日本製の携帯電話では「壁紙」と呼ばれる待ち受け画面にこだわる女性ユーザーなどがいることから、画面上に並んだアイコンの表示を消すことができるようにするなど、ユーザーインターフェースに従来型の携帯電話の細かい仕様を盛り込んだ。

8月下旬以降、auのメール機能である「ez web」にも対応し、スマートフォンに日本製携帯電話由来のアレンジを加え差別化を図る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT