背徳感に抗い「韓国風夜ラーメン」を食べる至福

日本にいながら楽しめる韓国「ヤシク」文化

韓国コーディネーターとして活動する東山サリーと韓流ライターとしてエンタメに精通する轟 友貴が、ソウルと東京から最新韓国情報をキャッチアップ。韓国現地のあれこれや、日本にいながら楽しめる韓国話をお届けします(写真:Domani編集部)
東山サリー(韓国コーディネーター・ライター)
ソウル在住/都内出版社で広報として勤務した後、韓国が好きすぎるあまりフリーランスに転身。 ソウルへ移住し現地の最新情報を日々収集している。韓国カフェ通としてテレビ番組「にじいろジーン」にも出演。著書に『韓国カフェ巡り in ソウル』(ワニブックス)、『本当は秘密にしたいソウルのおいしいもの巡り』(産業編集センター)などがある。Instagram:@saliy83
轟 友貴(ライター)
東京在住/高校生の頃にBIGBANGがきっかけでK-POPにハマる。韓国好き歴12年。日本と韓国を行き来しながらK-POPアイドル、俳優にインタビューなどを行うほか、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国コスメ記事も執筆。Instagram :@__y.92

韓国人の楽しみのひとつ「夜食(야식)」

【ヤシク】とは…
야식(ヤシク)は日本語にすると「夜食」。韓国ではラーメンやトッポッキ、刺し身など多様な夜食文化が根付いている。韓国の人たちの生活の中の楽しみのひとつ。

夜中に食べるラーメンほどおいしいものはない!?

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

サリー:寒さが深まる冬ほど余計に思うんだけど、夜中に食べるラーメンほどおいしいものはないよね?

ユキ:韓国にいると夜食をよく食べるよね。

サリー:私は「辛ラーメン」派。いろいろ試行錯誤した結果、自分なりのアレンジにたどり着いたの。この食べ方を韓国の友達に話したら、韓国人みたいな食べ方だと言われたから、勝手に韓国家庭的アレンジだと命名してる。

サリー’s Recipe 【辛ラーメン〜勝手に韓国家庭的アレンジ〜】

【材料】
・辛ラーメン
・太ネギ
・コチュカル(粉唐辛子)
・ごま
・ごま油
・韓国じょうゆ

【作り方】
1:山盛りの太ネギをとろとろになるまで煮込む。
2:<1>に大量のごまと大さじ2〜3杯のコチュカルを入れ、そこにごま油を回し入れ風味を出す。
3:コクを足したいときは韓国じょうゆを少し入れる。
4:パッケージに書いてあるとおりに作った辛ラーメンの上に<3>をのせ、完成!
次ページ韓国の定番インスタント麺「ノグリ」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT