ワークマンとカインズが実践する「真逆」の経営

ベイシアグループの有力2社の性格は大違い

一般顧客向けもターゲットにした「ワークマンプラス」(左)はカインズの「スタイルファクトリー」(右)がヒントになっているという(写真左:風間仁一郎撮影)(写真右:カインズ提供)

2020年10月で初めてグループ総売上げ1兆円を達成した小売り企業主体のベイシアグループ。その中の有力会社が作業服チェーンのワークマンとホームセンターのカインズだ。両社はそれぞれの業界で首位。グループの成長をリードする”きょうだい”だが、経営手法は真逆といっても過言ではない。

三井物産を経て創業者の土屋嘉雄氏に呼ばれて2012年からワークマンに入った土屋哲雄専務(創業者の甥)は、「カインズが一番アグレッシブで、ワークマンやベイシアが一番保守的」だという。

ワークマンでは、一般客向けもターゲットにした新業態「ワークマンプラス」(2018年に開始)がヒットし急成長につながっている。実はその裏側では、カインズから取り入れた「アイデア」が多数生きている。土屋専務は「カインズがいろいろと実験する様子を見ていると、『これは取り入れる必要がある』と思うことが2年に1度くらいある。ワークマンはそれをさらに徹底して深掘りする」と語る。

カインズは模範を示すだけ

例えば「ワークマンプラス」の発想は、広島の商業施設「レクト」内にあるカインズの店舗や、カインズが2017年に始めた都市型店「スタイルファクトリー」の、ホームセンターらしからぬ洗練された売り場を見て生まれたという。2020年に横浜に初出店して話題を呼んだ「#ワークマン女子」も、着想の原点はカインズにあるという。

現在、ベイシアグループ全体をとりまとめる旗振り役はカインズの土屋裕雅会長(創業者の長男)であり、新たなグループ経営を見据えた取り組みが着々と進んでいる。ワークマンの土屋哲雄専務は、その手法について「裕雅さんは(他のグループ会社に)『あれをしろ』とかは決して言わない。でも、一番でかい自分の会社で挑戦しながら、『こういう成功例もある。知りたかったら教えますよ』という形で模範を見せている」という。

全体のホールディングス機能を持つ会社が存在しないベイシアグループでは、会社間での上下関係や明確な役割分担はない。ただ、「一番挑戦して、動きも早いのはカインズ」(複数のグループ会社社員)。アグレッシブなカインズが生み出した成功事例を、ワークマンが自社の経営に巧みに取り込む。この関係が“真逆経営”の最大の強みといえそうだ。

『東洋経済プラス』の短期連載「群馬の巨人 ベイシアグループの正体」では以下の記事を配信しています。
知られざる「1兆円小売り集団」の全貌 
創業者・土屋嘉雄氏がすべてを語る
カインズ・土屋裕雅会長を直撃
ワークマン・土屋哲雄専務を直撃
データ/3つの指標でわかるベイシアグループ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT