カード再編で新展開、セブン&アイとセゾンが提携

カード再編で新展開、セブン&アイとセゾンが提携

クレジットカード業界で、再編の動きが再浮上した。17日に発表されたセブン&アイ・ホールディングス(HD)とクレディセゾンによる包括的な業務提携だ。

近年、業界では合併や統合が相次いだ。しかしそのほとんどは、メガバンク再編のあおりを受けた大手同士の合併で、すでにヤマを越えている。小康局面にあった中で、突如出てきた今回の提携。また、クレジットカードの基盤といえる消費市場で発生した小売りの再編に端を発し、合従連衡の形態も従来とは異なる。

新カード会社の設立でセブンはシナジー発揮

両者で基本合意したのは、西武百貨店、そごうのクレジットカード事業について。クレディセゾンでは創業以来、同じグループといえる西武百貨店の提携カード事業を担ってきた。それは同社にとってマザーマーケットといっても過言ではない。セブン&アイHDが2006年6月に当時のミレニアムリテイリング(現在のそごう・西武)を完全子会社化した後も、クレディセゾンでは西武百貨店の「クラブ・オンカードセゾン」、そごうの「ミレニアムカードセゾン」と提携カード事業を継続している。

一方、セブン&アイHDは自前のカード会社、アイワイ・カード・サービスがイトーヨーカ堂をメインステージにクレジットカードを発行。独自の有利なポイントサービスを提供している。つまり、セブン&アイ・グループの中でポイント制度が異なるカード事業が併存し、シナジーを期待しにくい状況にあった。

これを打開するため、昨年9月から検討が開始され、今回の業務提携につながった。具体的なスキームは、クレディセゾンが有するそごう・西武の提携カード事業を切り出し、別会社化するというもの。要は、新たなクレジットカード会社の設立であり(図)、11年4月にはセブンが新会社の株式51%を取得し子会社化する。取締役はセブンから3名、クレディセゾンが2名を派遣。当面、社長にはクレディセゾン出身者が就く。また、営業担当者などの社員はクレディセゾンからの出向者が大半で、基本的に同社のビジネススタイルを踏襲。カード事業の基盤インフラであるプロセシング(事務処理など)はクレディセゾンへのアウトソーシングで賄われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT