カード再編で新展開、セブン&アイとセゾンが提携


規模追求は終焉か 品質向上の時代に

ただ、セブン&アイ・グループの中に、アイワイ・カード・サービスと新会社が併存する形は、やはり、効率的とはいえない。この点は当然、両者とも認識をしており、「今後、13年3月までをメドに、アイワイ・カード・サービスと新会社の事業統合を検討」している。

クレジットカード業界は、6月の貸金業法の完全施行を前に、キャッシング(融資)利益に深く依存してきた経営の抜本的な見直しを迫られている。逆に言えば、ショッピング利用の促進と顧客支持の獲得という原点回帰が焦眉の急でもある。

そうした中、セブン&アイ・グループが有する巨大かつ多様な消費市場とクレディセゾンが培ってきたカード事業のノウハウを結合するのが、今回の提携のエッセンスだ。セブン&アイ・グループが目指す「金融と小売りの融合」に勢いが増し、1000万人会員カードへの成長も射程圏に入る。が、それだけではない。規模の追求ではなく質の向上を狙った再編がカード業界に波紋を広げることは間違いない。

■セブン&アイ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

■クレディセゾン業績予想、会社概要はこちら

(浪川攻 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年3月27日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT