「マリオ」とコラボ、ベンツ小型SUVで新戦略

任天堂の力を借りる狙いとは

ピヨーン、ピヨーン、チャリーン――

メルセデス・ベンツ日本が開いた新型車の発表会。聞き覚えのある音と共にスクリーンに映し出されたのは、往年の名ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の画面だった。しかし何かがいつもと違う。主人公のマリオがベンツの新型車に乗っているのだ。

画像を拡大
GLAクラスに乗ったマリオ(©Nintendo)

5月29日に同社が発売した小型SUV(スポーツ用多目的車)「GLAクラス」。その広告塔として、テレビCMなどに登場するのがマリオ。ベンツと任天堂による異色のコラボレーションだ。

発表会には、上野金太郎社長がCMにも出演している実写版マリオとともに登場。会場にはどよめきが広がった。

ライバルより抑えた価格

画像を拡大
CMにも登場する実写版マリオ

「インパクトが欲しかった」

マリオを起用した理由について、上野社長はこう説明する。今回発表したGLAクラスは、ベンツの商品ラインナップにはなかった小型SUV。国産車、輸入車問わず、近年急速に人気が高まっているセグメントだ。同じドイツの高級車メーカーでは、BMWが「X1」、アウディが「Q3」という小型SUVをすでに投入済み。ベンツは後発だ。

GLAクラスの価格は344万円から。「X1」(377万円から)や「Q3」(421万円から)よりも抑えている。「後発なので、お求めやすい積極的な価格もきちんと入れようとなった」(上野社長)。ただし、最廉価車を含む1.8リットル直噴ターボエンジンを積んだ下位モデルなど一部は秋以降の納車になる予定だ。上位モデルには2.0リットルのエンジンが搭載され、4輪駆動車も用意されている。

次ページ独ダイムラーの戦略
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。