問い合わせ殺到「インド発英国行き」バスツアー

インドの旅行会社が企画、21年5月出発を予定

旅行会社はすでに通過する各国との調整など準備を進めているというが、そもそもこの行程での陸路による国境通過に問題はないのだろうか。

ロンドンで団体ツアー手配を行っているランドオペレーターに勤務する知人に、バスによる陸路移動の可能性について尋ねたところ、「ロシアから観光バスでロンドンまでやってくる団体もいる」「トルコや中東諸国のナンバープレートをつけてイギリスを走る車もたまに見る」といい、ロシア・中東地域からイギリスへ車で陸路移動するうえでは問題なさそうだ。

また、旅行者の陸路国境通過については、「欧州側はロシアからラトビアに入るポイントでパスポート検査を受ければ、あとはイギリス上陸時にチェックがあるだけ」と拍子抜けするほど簡単なようだ。

一方、アジアでは国境越えにそれなりのハードルがありそうだ。

ミャンマー・タイ・ラオスについては相互に観光バスが乗り入れている実績があるものの、行けるエリアが限定的だという。タイの現地旅行会社のスタッフは「走行承認を得るには、出発前に煩雑な許可申請は避けられないのでは」と懸念する。

問題は中国だ。中国は「自家用自動車の一時輸入に関する通関条約」の枠組み外にあり、無税通関手帳(カルネ)を使っての自動車輸入が認められていない。ただ、これまでも欧州と中国を結ぶ国際ラリーやドイツ車のPRキャラバン実施の際に国境で中国国内用のナンバープレートを受けて走行したケースがあり、許可申請の手間をいとわなければ乗り入れは可能だろう。

日本から同じようなツアーはできる?

さて、これだけ世界中から関心を集めるのであれば、日本からこうしたツアーを計画したらどうなるだろうか。

アジア各国に拠点を持つランドオペレーター、SMIトラベルの上才泰尚アジア統括マネージャーは、「国境でそれぞれの国のチャーターバスに乗り換えれば、こうした国をまたぐツアーもできるのでは」と語る。これは、「ASEAN加盟10カ国間で車の相互乗り入れができないところがある」ためといい、こうしたところでは国境でバスの交換を行っているという。

こうしたアイデアも参考にしながら、日本から欧州へ陸路(プラス海路)で行けそうなルートについて検討してみると、もっとも簡単そうなのは「ウラジオストクへ船で行って、ロシアのナンバープレート付きのバスを使って欧州を目指す」というものだろう。中国・中央アジア経由での欧州行きなら、中国国内を移動したのち、カザフスタンやロシアなど「いくつかの国境でのバス乗り換え」が前提であれば、ロンドンへのバス旅行が実現できよう。

新型コロナウイルスの世界的な拡散により、人々が持つ基本的な権利ともいえる「移動の自由」が一気に失われてしまった。そんなさなかに構想されているインド―ロンドン間のバスキャラバン。無事に実行されれば、「旅行業界のコロナからの復活」を象徴する出来事にもなるだろう。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT