映画「親切なロシア料理店」で知る人々の優しさ

「まわりの親切な手」を頼るのも正解のひとつだ

12月11日公開予定の映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』は、老舗ロシア料理店を舞台に孤立する2人の女性が新しい人生を切り拓くきっかけをつかもうとする作品です (東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) © 2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

ニューヨークの片隅に、創業100年を超える伝統的なロシア料理店〈ウィンター・パレス〉があった。かつて栄華を誇ったこの老舗料理店も、今や料理もひどいありさまで、経営も傾いていた。だが、そこになぜかワケありの人たちが集い、やがて新たな人生を見つけ出す場所となっていく――。

ワケありの人々が集うロシア料理店

『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』など、世界中の女性から熱烈に支持されるデンマーク人監督ロネ・シェルフィグの最新作映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』が12月11日よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAなど、全国で順次公開される。困難な時代に生きる人たちを優しいまなざしで描き出す希望の物語だ。

12月4日(金)、5日(土)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

本作の物語は、人生に生きづらさを感じている2人の女性を軸に展開される。1人目はニューヨークのマンハッタンで創業100年を超える老舗ロシア料理店〈ウィンター・パレス〉の常連客である看護師のアリス。

彼女は恋人に裏切られて以来、「わたしは誰の1番でもない」と感じ、ひとりで生きてきた。だが、周囲の人たちの彼女の接し方の言外に「ひとりでさみしい女性」というレッテルを貼られていることに気づき、傷つくアリス。しかも彼らに悪気があるのか、悪気がないのかがわからないだけに、余計にアリスを傷つける。

次ページ幼い子2人を連れNYに逃げ込む
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT