映画「親切なロシア料理店」で知る人々の優しさ

「まわりの親切な手」を頼るのも正解のひとつだ

12月11日公開予定の映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』は、老舗ロシア料理店を舞台に孤立する2人の女性が新しい人生を切り拓くきっかけをつかもうとする作品です (東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) © 2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

ニューヨークの片隅に、創業100年を超える伝統的なロシア料理店〈ウィンター・パレス〉があった。かつて栄華を誇ったこの老舗料理店も、今や料理もひどいありさまで、経営も傾いていた。だが、そこになぜかワケありの人たちが集い、やがて新たな人生を見つけ出す場所となっていく――。

ワケありの人々が集うロシア料理店

『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』など、世界中の女性から熱烈に支持されるデンマーク人監督ロネ・シェルフィグの最新作映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』が12月11日よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAなど、全国で順次公開される。困難な時代に生きる人たちを優しいまなざしで描き出す希望の物語だ。

12月4日(金)、5日(土)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

本作の物語は、人生に生きづらさを感じている2人の女性を軸に展開される。1人目はニューヨークのマンハッタンで創業100年を超える老舗ロシア料理店〈ウィンター・パレス〉の常連客である看護師のアリス。

彼女は恋人に裏切られて以来、「わたしは誰の1番でもない」と感じ、ひとりで生きてきた。だが、周囲の人たちの彼女の接し方の言外に「ひとりでさみしい女性」というレッテルを貼られていることに気づき、傷つくアリス。しかも彼らに悪気があるのか、悪気がないのかがわからないだけに、余計にアリスを傷つける。

次ページ幼い子2人を連れNYに逃げ込む
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT