REITめぐる金融環境が雪解け? 投資法人債の発行、増資相次ぐ

一方、今年1月に株式会社の株式にあたる投資口発行を決議したのは、東京建物系の日本プライムリアルティ投資法人。一口あたり16万2382円で約146億円を調達。個人投資家で4.8倍、機関投資家で21倍と、投資家の需要は旺盛だったようだ。有利子負債比率(分母は有利子負債プラス出資総額)は09年12月末の49%から増資後に44.4%に低下し、財務の安定性も改善された。

ただ、その同投資法人でも投資法人債の発行となると、「法人債を発行できない状況ではないが、ローン(銀行借り入れ)の方がリファイナンスしやすく、コストもかからない。ただ、どこかのタイミングでは(法人債の発行に)トライしてみたい」(運用会社の東京リアルティ・インベストメント・マネジメント)という。

公募増資の動きとしては、09年10月に三井不動産系の日本アコモデーションファンド投資法人が212億円の増資を果たした。その後、ケネディクス不動産投資法人(09年10月、85億円)、三菱地所などがスポンサーのジャパンリアルエステイト投資法人(09年12月、267億円)、野村不動産レジデンシャル投資法人(09年12月、80億円)と、REITを取り巻く金融環境は雪解けの気配も垣間見える。

09年9月には、日本政策投資銀行が一部融資する「不動産市場安定化ファンド」(通称・官民ファンド)も設立され、REITが発行してきた投資法人債の大量償還に備え、公的な支援体制も整っていた。同ファンドの検討委員会資料によると、償還を迎える投資法人債は09年に670億円、2010年に1508億円、11年に680億円と、2010年に一つのピークが到来する。

しかし、今のところ官民ファンドの活用実績はゼロ。同ファンドを通じて投資法人債を発行すると、基準金利プラス最大で5.5%の調達金利となるなど、コスト高である点が敬遠されているようだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT