「四季報」で見つける「10月以降に上昇する銘柄」

今秋以降に回復が鮮明になりそうな企業とは?

長く注目すべき投資テーマとしては「5G」を忘れてはならない。今春から日本でも商用サービスが開始された5Gだが、電波が届く地域が今のところは限られている。

しかも、春先から国民、そして投資家の関心が新型コロナ一色になったことで、中長期的な大テーマとしての存在感が薄れてしまった。市場で5Gに対する関心が再び盛り上がるきっかけになるのは、5G対応の新型iPhoneの発売だろう。

9月15日のアップルイベントでの発表が期待されたが、そこでは新型iPhoneについての発表はなかった。しかし、早ければ10月、遅くとも12月には発売される予定で、待ちわびていた世界中のiPhoneファンが熱狂し、5G対応スマホを所有する人が増えることで、5Gに対する関心も一気に高まることになるはずだ。

5GとDXが相まっての大変革を意識した投資を

まず、整備が急がれている基地局関連で、通信系測定装置大手のアンリツ(6754)、屋内通信設備の共用化を展開するJTOWER(4485)などを押さえておきたい。

さらに、iPhoneを始めとするスマホ関連では、カメラ用半導体の世界トップであるソニー(6758)、通信系電子部品の村田製作所(6981)、リチウム電池のTDK(6762)あたりも注目したい。5Gの普及とDX(デジタルトランスフォーメーション=デジタル変革)の波が相まって世の中が大きく変わることになる。

私たちが今、その入り口にいることをしっかりと意識して投資を考えたい局面だ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT