バイトダンス、TikTokグローバルを株式上場へ

本体のアルゴリズムや技術は移転されない

 中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は9月21日、傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業を運営するため新たに設立する会社「TikTokグローバル」について、バイトダンスの子会社になると発表した。写真は米中の国旗とTikTokのロゴ。7月撮影(2020年 ロイター/Florence Lo)

[21日 ロイター] - 北京字節跳動科技(バイトダンス)は21日、傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業を運営するため新たに設立する会社「TikTokグローバル」について、コーポレート・ガバナンス(企業統治)と透明性を強化するために新規株式公開(IPO)すると表明した。

バイトダンスの声明によると、TikTokグローバルはIPOに先立ち資金調達を実施し、バイトダンスは80%を保有する株主になる見込み。取締役会には、バイトダンスの創業者の張一鳴氏や取締役、米ウォルマート<WMT.N>のダグ・マクミロン最高経営責任者(CEO)が含まれる。

現在の計画では、TikTokのアルゴリズムや技術はTikTokグローバルに移転されない。オラクル<ORCL.N>はTikTokの米国のソースコードへのセキュリティアクセスを有する。

また、一部で報道されているTikTokグローバルが米財務省に支払う50億ドルについては、TikTokグローバルが向こう数年間に稼ぐであろう収益や、予想される納税額に基づいており、オラクル・ウォルマートとの取引とは関係ないとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT