「パパとママは、あの桜の下で結婚したのよ」

「ラ・クラリエール」がカップルに選ばれる理由

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

「パパとママは、あの桜の下で一緒になったのよ」

カップルが、手をつないだ子どもに語りかける。そんなシーンが見えてきそうです。埼玉県大宮市にある結婚式場「ラ・クラリエール」。2011年にオープンしてわずか3年で、年間400組近い結婚式が行われる埼玉県下有数の人気の結婚式場になりました。

式場の数が年々増え、大激戦となっている結婚式業界にあって、これだけの短期間でどうしてこれほど多くのカップルに選ばれているのでしょうか?

それは、一般的な結婚式が、数時間という一瞬の輝きを提供するサービスであるのに対し、ここではより長いお付き合いを感じることができる「時間の価値」があるからです。より長い時間軸を持って、人生というライフサイクルにかかわっていくことが、「見える化」されている結婚式場なのです。

埼玉県でも有数の人気を誇る結婚式場「ラ・クラリエール」
次ページ「樹齢100年の桜」と「保育園」がシンボル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT