独断で選ぶ「座り心地がいい」新幹線ベスト10

乗車時間の大半で接し、旅の印象を左右する

N700S確認試験車の普通車(撮影:尾形文繁)

乗り鉄、撮り鉄、模型鉄……。鉄道趣味にはいろいろなジャンルがあるが、筆者は「座席鉄」。座席は乗車時間の大半で接する設備であり、その快適性は旅の印象を左右するからだ。

公共交通機関の座席は、座る人のサイズに合わせた座席にはできないから、同じ座席でも身長や体型などで印象が異なり、座る人の数だけ評価もあろう。とはいえ同じクラスの設備で「相対的に見て素晴らしい座席」は存在するとも感じる。

そんな折り、東海道新幹線で新型車両N700Sがデビューした。新しい鉄道車両を見ると座席が気になる。さっそく、JR東海の運行情報を調べて乗車してみた。

よい座席とは何か

N700Sの乗車を契機に、筆者の独断で「現役新幹線座席トップ10」を考えてみた。あくまで独断で、異論も多いと思うが、「よい座席とは何か」考えるきっかけになればと考える。

評価基準は「新幹線全座席を念頭に置いたうえで、価格以上の価値を持つと思えるか」で、座り心地を主、コンセントなどの実用性を従とした。例えばグリーン車より順位が上の普通車があるが、これは総合的に優れるという意味で「グリーン車より快適な普通車」という意味ではない。また座席が置かれた条件は加味した。例えば東海道新幹線なら「定員重視の2+3列座席普通車」は前提で、より快適性を追求できる山陽・九州新幹線の2+2列普通車と同列評価はしていない。ご了承いただきたい。

■10位:E3系700番台「お座敷指定席」

「とれいゆつばさ」のお座敷指定席(撮影:尾形文繁)

山形新幹線を走る「足湯」で有名な新幹線観光列車「とれいゆつばさ」の12~14号車「お座敷指定席」は非常に個性的だ。新幹線では珍しいボックスシートが、ゆとりのある座席間隔1960mmで並ぶ。ミニ新幹線のために車体サイズは在来線と同じだが、それでも山形新幹線グリーン車以上の1+2列で設置されているのは好評価。座面は畳で、座布団が置かれている(座布団が2019年に「天童将棋駒」の柄に)。

占有面積は最高。だが、座り心地としてはリクライニングしないことや、肘掛けがないこと、また背もたれの腰部が張り出しすぎ、座面が平たいので体が滑りやすいのは残念だ。

次ページ9位にはあの列車が登場
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT