元宝塚歌劇団トップが自粛期間でハマったこと

柚希礼音さんに聞いた私生活を充実させる方法

――柚希さんが今ハマっていること、マイブームを教えてください。

(写真:Domani)

柚希:ホットな話題ね。最近また野菜ジュースを飲むようになりました。冬に飲むと胃腸が冷えるため控えていたのですが、また始めてみたらとても体の調子がいいんです。

レシピは毎日変えていて、野菜とフルーツがたっぷり。必ず入れるのは、バナナ、オレンジ、レモン、りんご。野菜はケール、ほうれん草、セロリ、にんじんに、今日はモロヘイヤを入れてみました。それにプロテインとアーモンドオイル。あとサジーっていうのを入れ始めました。

――サジー…(調べる)、グミ科の植物、スーパーフードって書いてありますね。

柚希:そのドリンクが売られているので、少し加えると、ちょっと酸っぱくていい感じです。全部少しずつ入れてミキサーでジュースに。少しずつでもすごい量なんですよ。それを朝ご飯代わりにしています。バナナを入れすぎると太るらしいので気をつけていますが、でもバナナがないと酸っぱいので、バナナは大きな役割を果たしてくれているんだなと思って(笑)。あとはお水と氷ですね。これがないとドロドロしちゃうから。

マスクもなるべく柔らかい素材のものに

――すごく体によさそう! マネしたいレシピです。野菜ジュースもそうですが、ほかに美しくあるために習慣とされていることはありますか?

柚希:顔の肌が荒れやすいのが悩みなんです。摩擦に弱い敏感肌。最近は、本当に優しくスキンケアするように心がけています。洗顔からとにかく優しく、こすらないように。化粧水をつけるときも、皮膚をのばさないように気をつけながらソフトタッチで。急いでいるときなどとくにゴシゴシ洗ったりバシャバシャつけたりしてしまいがちですが、それを気をつけるようになってから肌がほんの少し柔らかくなったような気がします。

今のマスク生活も肌の負担になっているので、マスクもなるべく柔らかい素材のものにしています。不織布のマスクだと、肌に当たる角の部分や繊維で荒れてしまうんですよ。

「マイブームは?」と伺ったところ、「ふたつあるんです。野菜ジュースか、ジャイロトニックか、どっちがいいですか?」とまさかの選択制(笑)。今回は野菜ジュースについていろいろお答えいただきましたが、機会があればジャイロトニックの効果なども伺いたいです。そして、耳慣れないサジー。気になりますよね? はい、私は先日ネットでポチリしました(使いこなせるか心配ですが……笑)。

撮影/大靏 円(昭和基地) ヘア&メーク/CHIHARU
スタイリング/間山雄紀(M0) 文/淡路裕子

柚希礼音(ゆずき れおん)/女優。6月11日生まれ・大阪府出身。85期生として宝塚歌劇団入団、男役として星組に配属。2009年『太王四神記ver.II』で星組トップスターに就任。2014年には日本武道館で『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』でコンサートを開催。2015年『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』にて宝塚歌劇団を退団。退団後も舞台を中心に活躍し、昨年上演されたミュージカル『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』は第27回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。2021年1月より、主演を務めるミュージカル『イフ/ゼン』(シアタークリエほか)が公演予定。公式HPInstagram
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT