安倍首相の健康問題は今後の株価のリスク

日経平均はワクチン期待で一時「コロナ前」回復

日経平均株価が、コロナ急落前の水準を回復した。ワクチン開発に対する期待感が世界的な株高の原動力となっている。写真は「ワクチン」のステッカーが付いた小さなボトルを2020年4月10日に撮影。(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 25日 ロイター] - 日経平均株価<.N225>が、コロナ急落前の水準を回復した。足元の実体経済は依然厳しいが、ワクチン開発に対する期待感が世界的な株高の原動力となっている。日本株は米株などと比べ出遅れ感があることから、好需給を背景にさらなる水準訂正を期待する声も市場では出ている。

日経平均は25日、一時400円を超える上昇となり、新型コロナの感染拡大で世界的な株安が広がる前の2月21日終値2万3386円74銭を上回った。

株高の背景にあるのは、ワクチン開発の進展によって世界的な経済回復が早まるとの期待だ。米食品医薬品局(FDA)が新型コロナ感染症から回復した人の血漿(けっしょう)を使った治療法の緊急使用を許可したことから、世界的に株価が上昇している。

トランプ政権が、英アストラゼネカ<AZN.L>とオックスフォード大が開発するコロナワクチンの緊急使用を許可することを検討しているとの報道も材料視され、24日の米国株式市場はS&P総合500種指数<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>は前営業日に続き、終値で最高値を更新した。

日本株も上昇

日本株も25日は朝方から上昇。ワクチン開発への期待感に加え、国内でも新型コロナの新規感染者数の推移が落ち着いてきたことから、世界的なリスクオンの流れに乗る格好となっている。東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏は「世界の株高で日本株の出遅れが顕著となり、海外勢も持たざるリスクから日本株を買わざるを得なくなってきた」と指摘する。

東証によると8月第2週(8月11日─14日)の海外投資家による日本の現物株と先物合計の売買は9933億円の買い越し(前週は76億円の買い越し)と大幅な買い越しとなった。市場では「海外勢はひとたび日本株を買い始めると、その傾向がしばらく続く」(中村氏)との期待が大きい。

また「直近に発表された決算数値から買いを手控えた国内機関投資家も、このままではベンチマークに負けてしまうため、買わざるを得なくなる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)と、「持たざるリスク」を指摘する声も聞かれた。

次ページ今後の株価はどうなるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT