国内の捲土重来を果たせるか、“再上陸”キャラクターが相次ぎ登場

海外でヒットし国内の再上陸に挑む玩具が今春、相次ぎお目見えする。

タカラトミーは、4月からテレビ放映する「トランスフォーマー アニメイテッド」と連動し、ロボット玩具を発売する。

トランスフォーマーの原点は、旧タカラの変形合体玩具。そのアイデアを基に米玩具大手ハズブロが1984年に米国で商品化し、人気となった。国内向けにもタカラトミーが何度か商品化したが、現在はハズブロ向けのOEMがメイン。

2007年には映画化で人気が再燃し、ここ数年はOEMだけで年100億円超を稼ぐ。だが「生みの親」としては国内でも一花咲かせたいところ。今回は玩具と周辺商品を含め50億円規模の市場創出を狙う。

片や国内の“失地回復”に挑むのが、セガトイズ「爆丸(ばくがん)」だ。爆丸はロボットに瞬時に変形する球体とカードゲームを組み合わせた玩具。06年の商品化以来80カ国超でヒットし、09年に米国の「トイ・オブ・ザ・イヤー」大賞も受賞。OEMだけで年90億円の規模になっている。

ただ、爆丸は最初の投入国・日本で唯一不発に終わった苦い経験がある。「発売時期とアニメ放映期間のずれ」(同社)も敗因だったようだ。リベンジを期した商戦は、3月のアニメ放映前後から始動する。店頭イベント、業務用ゲーム機など、セガサミーグループ挙げて攻勢をかける構えだ。
 
(勝木奈美子 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。